本文へスキップ

当館は、染色家・芹沢銈介の作品と収集品を展示・収蔵する美術館です


美術館では様々なイベントを開催しています。皆様のご参加をお待ちしております。

記念講演会「芹沢銈介収集のアンデスの染織について」(2016年6月4日開催)



ペルーの貫頭衣を着た芹沢銈介(1974年 79歳)

 展覧会「布と模様のハーモニー-芹沢銈介の着物とアンデスの染織-」に関連して、ニューヨーク・メトロポリタン美術館で、長年染織品の保存修復に携わり、世界各地の染織文化を調査してきた、梶谷宣子先生に講演していただきます。


■開催日:2016年6月4日㈯
■時 間:13:30~15:00
■講 師:梶谷宣子氏(メトロポリタン美術館終身名誉館員)
■会 場:登呂博物館一階交流ホール

■定 員:100名(要観覧料・要予約)
※5/23現在、定員に余裕があるため、引き続き受付しております(定員になり次第受付終了)。
芹沢銈介美術館(054-282-5522)へ、お電話にてお申込みください。

シズオカ×カンヌウィーク2016開催記念・資料展示「静岡からパリへ―芹沢銈介88年の歩み―」(2016年4月27日―5月15日) ※終了しました



シズオカ×カンヌウィーク限定
「トリコロール柄」のボタンも作れます!
●シズオカ×カンヌウィーク開催記念・資料展示
「静岡からパリへ―芹沢銈介88年の歩み―」

■開催日:2016年4月27日―5月15日(5/9は休館)
■時間:9:00~16:30
■会場:
登呂博物館1F情報コーナー


●ワークショップ「くるみボタンをつくろう!」
■開催日:2016年5月7日
■時間:10:30~15:30
■会場:
芹沢銈介美術館 館外
■料金:
無料(美術館観覧料は必要)
好きな模様を選んで、布にステンシル(型紙)で染色します。染めた布をくるんで、あなただけのお気に入りボタンに。
※お一人様1点まで。直接ご来館ください。
「芹美であじわう 静岡茶」(2016年5月3ー7日開催) ※終了しました

 美術鑑賞の途中、おいしいお茶でいっぷくしませんか?
 期間中美術館特別室にて、「お茶のソムリエ」である日本茶インストラクター協会の方々が、静岡の新茶を一杯ずつ心をこめて呈茶いたします。
 新緑萌える中庭を見ながら、ゆっくりとした時間をお楽しみください。


■開催日:2016年5月3・4・5・6・7日
■時間:10:00~16:00
■会場:
芹沢銈介美術館 特別室
■喫茶料:
無料(ただし、美術館観覧料は必要)
■協力:
日本茶インストラクター協会静岡市支部
「スタンプカード2016」がはじまります!(「布と模様のハーモニー」展から)



スタンプカード



景品ノート(イメージです)



ノートの内側(罫線入り)

平成28年度開催の3回の企画展をご観覧くださったお客様に、「芹美特製セリザワ文様ノート」(2冊セット)を進呈いたします。


1、「布と模様のハーモニー」をご観覧くださいましたお客様にスタンプカードを差し上げます。

2、スタンプは各展覧会ご観覧時に、受付にてお一人様1つのみ押印いたします(ご来館されたご本人様分のみ押印いたします)。

3、すべてのスタンプがたまりましたら、もれなく芹美特製セリザワ文様ノート(2冊セット)を進呈いたします(お一人様1セット限り)。
カードの有効期限は、開館35周年記念展「パリのセリザワ -「Serizawa」展から40年ー」終了日までです。(2017年3月20日(月・祝))

4、さらに、すべてのスタンプをためた方の中から抽選で10名様に『芹沢銈介の静岡時代(仮称)』(静岡新聞社)を進呈いたします。
※粗品進呈時に、応募用紙にご記入いただきます。
なお、当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

バナースペース


静岡市立芹沢銈介美術館

〒422-8033
静岡県静岡市駿河区登呂5-10-5

TEL 054-282-5522
FAX 054-282-5510
seribi@city.shizuoka.lg.jp


>>サイトのご利用にあたって

>>サイトマップ